視力回復におすすめ!アイメディカルの超音波治療器「ミオピア」

イラスト

できないをできるに変える!
アイメディカル視力回復法が
選ばれる3つの理由

  1. 1日10分
    あてるだけ

    自宅で厚生労働省認可50年の実績をもつ医療機器「ミオピア」を片眼にあてるだけの簡単回復法

  2. 副作用がないので安心

    医療分野でも使用されている安全な超音波による治療器なので安心。手術の必要もありません

  3. 体験会で
    効果がわかる

    ミオピアを使用している方は体験会に来られています。回復の可能性がその場で判断できます

1回で効果がわかる!
視力回復体験会はこちら
ブック

なぜ、視力が回復するの?

厚生労働省認可医療機器「ミオピア」の人体に安全な超音波を利用して、凝り固まった毛様態筋などの目の筋肉や神経をときほぐし、自然治癒力を高め視力回復へと導きます。

片目のまぶたに10分あてるだけで両目に効果が期待できます。

個人差がありますがほとんどの方に3週間~3ヶ月位で視力の変化が現れます。
変化が見られない方はさまざまな要因が考えられますのでアフターケアで原因を追究し視力回復へ導きます。

視力が低下している状態超音波治療器をあてると…視力が回復した状態

  【利用者数40万人の実績】
    超音波治療器ミオピア

厚生労働省医療機器製造許可承認番号14400BZZ0040000号
重量:265g(アダプターor乾電池除く)
認可効果:偽近視の抑制又は緩解
3年保障

【本体価格】120,000円※税別

(オプション:純正アダプター別途3,000円※税別)

片眼に投射することで両眼に効果を発揮し、
軽くてどなたでも簡単に扱えます。

ミオピア
1回で効果がわかる!
視力回復体験会はこちら
ミオピアの製造・研究室をのぞいてみよう!

「ミオピア」は
一つひとつ手作りで生まれています

大阪府茨木市にある
彩都バイオインキュベータ内で

一つひとつ手作業
調整して仕上げられています。

大阪府茨木市
手作業

ミオピアはアナログ機器のため微妙な調整は熟練した人の手を必要としています。

製造部長の村田さんに
ミオピア のことを聞いてみました!

『ミオピア』は視力回復のための機器、と思われがちですが、
スマホ普及など目に負担が生じやすい近年の環境では、
視力低下・眼精疲労・目の病気・老眼予防のために
末永く使っていただく価値は十分にあります。

ユーザー様の毎日の生活の中から貴重な“10分”を頂く責任を感じつつ、いつでも最善の状態でのご使用を願っております。「ミオピア」は、デリケートな医療機器ですから、ご使用方法・環境・頻度などによって、どうしても影響が及びます。
それで、いわば“人間ドッグ”のように保障期間の後には、年ごとに定期点検されますことをお勧めしております。
長年、培いました経験と技術力により、速やかに対応させていただきますので何なりとお申し付け下さい。

現場と製造スタッフはしっかり連携

商品知識向上のためスタッフも定期的に工場へ訪問。
点検はお気軽に店舗スタッフへご相談ください。

許可証

「修理してもらい、0.3だった視力が上がり、無事最後の免許更新ができました」と工場宛に届いた60代男性からのお礼の手紙をいただきました。

医療機器の製造・販売を行う責任を全うする
責任感もありますが、
目の悩みを解消できるいう社会貢献が
できることが、私たちの一番のやりがいです。

愛用者の2台目にご購入も増えています。
1日10分の「ミオピアタイム」で家族みんなの明るい未来を。

視力矯正の方法・費用を比較しました

メガネ

方法 必要時装用
費用 1本3万円を3年に一度買い換えた場合、20年で18万円
メリット 手入れが簡単
デメリット 視野が狭く、スポーツ時や入浴時、悪天候時は装着困難
紛失時、災害時に不便
裸眼視力は上がらないため継続的な使用・購入が必要

コンタクト

方法 必要時装用
費用 1日50~160円の場合、20年で36~115万(ケア用品別途)
メリット 歪みが少なく裸眼に近い見え方
外見が変わらない
デメリット 装用時間に制限があり、使用方法によりトラブルのリスクがある
紛失等、災害時に不便
裸眼視力は上がらないため継続的な使用・購入が必要

眼科/目薬

方法 1日1~2回の点眼。2~3ヶ月で効果がなければ、メガネをすすめられる
費用 保険内
メリット 費用負担が少ない
デメリット 真性近視は効果がでにくい

眼科/ワック

方法 目の緊張を緩和する訓練
費用 数百円~千円/1回15分
メリット 費用負担が少ない、副作用がない
デメリット 週に2~3回通う必要がある
止めると下がってしまう

レーシック手術(大人のみ)

方法 角膜を削り取る手術
費用 両眼15万~30万
メリット 手術直後から視力が回復し、裸眼で生活ができる
手入れが要らず、災害時等にも困らない
デメリット 視力再低下、夜間の視力低下、合併症、老眼が早まるリスクの可能性

オルソケラトロジー

方法 就寝中に特殊なハードコンタクトレンズを装用し角膜の形状を矯正
費用 両眼15万~20万
メリット 手術せずに日中裸眼で生活ができる
デメリット 継続的な使用、費用が必要

通販で治療器又は訓練器を購入

方法 1日10分~15分自宅で使用
費用 5万~20万
メリット 1日10分~15分
デメリット アフターフォローがないので回復が実感しにくく挫折することも多い
使い方が正しい判断ができない

ミオピア

方法 自宅で1日10分機器をまぶたにあてる
費用 120,000円(税別)アフターケアの費用含む
メリット 無料アフターケアあり。回復した視力は定着
副作用がなく、家族で1台を使える
眼精疲労、老眼・眼病予防、視力低下予防にも使用できる
デメリット 視力回復までの数ヶ月継続使用が必要

1回で効果がわかる!
視力回復体験会はこちら

購入してからが始まりです
アフターケアに行こう!

アイメディカルでは、「子供がなかなか言うことを聞いてくれない」「忙しくてあてる時間がない」「あてているのに視力が上がらない」など、「せっかく購入したのに何の解決にもならなかった・・・」という事例が生まれないよう、徹底したアフターケアを行っています。 

アフターケアについてはこちら

お客様の声

お客様の声一覧へ

豊中市で12,000台、吹田市で20,000台愛用されています

豊中市、吹田市の数多くの小学生のお子さまの視力回復にアイメディカル新大阪の「ミオピア」は役立っています

●豊中市

東泉丘小学校、豊中緑丘小学校、小路小学校、西丘小学校、桜塚小学校、新田南小学校、南桜塚小学校、原田小学校など多数

●吹田市

千里第一小学校、千里第二小学校、千里第三小学校、豊津第一小学校、豊津第二小学校、大池小学校、南山田小学校、佐井寺小学校、吹田南小学校、千里新田小学校、藤白台小学校 など多数

 

他にもさまざまな地域の方々にご愛用いただいています

視力回復・眼に関するお悩みに役立つ情報満載!
~ブログ毎日更新中~
イベント/お知らせ/ブログ/コラム

記事一覧へ
体験会に行ってみよう 出張無料体験会も開催

【 近 畿 】
12/1(日)エトレ豊中
12/7(土)箕面東生涯学習センター
12/15(日)みのおライフプラザ
12/21(土)吹田サンクスホール
12/22(日)守口市民体育館

詳細はこちら>

【 東 海 】
12/1(土)多治見市バロー文化ホール
12/7(土)豊田市民文化会館
12/8(日)多治見市産業文化センター
12/12(木)美濃加茂市文化会館
12/14(土)岐阜市OKBふれあい会館


詳細はこちら>