草津市民交流プラザに体験会を実施しました | ブログ | イベント・お知らせ・ブログ・コラム | 視力回復におすすめ!アイメディカルの超音波治療器「ミオピア」

ブログ

草津市民交流プラザに体験会を実施しました

開催日: 2019.04.14(日)

ブログ 受付中終了しました
視力回復体験

4月14日に草津市民交流プラザで出張体験会とアフターケアを実施しました。

学校の検査が終わって、視力で悩んでいる方が多く相談に来られました。

・「8才のFちゃんは今年の2月から黒板の字が見えなくなってきました。まだ小さいのに低下が早すぎるとご両親が心配でした」

・「10才のK君は4年生の視力検査で引っかかって、0.6でした。今年の検査ではまた下がってきて お母様は以前使った経験があり、子どもに何とかしてあげたいという気持ちでした」

・「10才のⅯちゃんはゲームをしすぎて8才の時に視力が低下してきて常時にメガネをかけています。ご両親は高校生から視力が低下したがⅯちゃんは視力の低下が早すぎて、最近メガネでも見えづらそうな顔をしていると心配でした。」

・「13才のL君は9才頃視力が低下してきて、メガネの度数をきつくしないと徐々に見えづらくなり、これ以上悪くならない為家族全員で来られました。」

皆様は生活の環境は様々だが、視力低下する要素は今の生活中にはいっぱいあります。実際治療器だけ使って視力の低下についての生活習慣を治らないと、改善するのは難しくなります。なので、アイメディカルは皆様が治療器を使い始めてから、サポートし続けることを重視しています。

今回視力検査ではいい結果を教えていただいたお子様もいるし、もちろん下がったお子様もいらっしゃいます。

今日は下がったお子様の話をさせていただきます。

Ⅿちゃん(9才)はお父様と同じ本を読むのは趣味です。一冊読み終わらないと 気が止まらなくて、普段の生活では3~4時間本を読み続いています。来場した時にお母様は視力が下がったのではかいかと心配でした。

実際測ると視力の方は1ランク下がりました。

生活では本を読むことは趣味としていい事だと思います。しかし近く長時間凝視することによって目がずっと緊張しています。緊張する時間が長くなることによって目の中の血流の循環が悪くなり、視力の低下に繋がります。

なので治療器を使っている間に生活習慣についても直していただきたいです。Ⅿちゃんと同じ趣味を持っているお子様は本・ゲームを30分したら1回目の休憩をした方がいいとお勧めします。

イラスト

関連記事