レーシック手術後の低下にもいいんですか? | ブログ | イベント・お知らせ・ブログ・コラム | 視力回復におすすめ!アイメディカルの超音波治療器「ミオピア」

ブログ

レーシック手術後の低下にもいいんですか?

ブログ

1月9日に使い始めた和歌山市の46歳の寛さんの話を紹介したします。

寛さんは問い合わせされた理由はレーシック手術後の視力低下でしたH14年にレーシック手術を受けた後 視力は右目1.5・左目1.5に戻りました。ただ残念なことに、その年テレビでワールドカップをずっと横になり見たことで、片目の視力は0.8まで下がりました。

 

そこから徐々に低下してきて、片目ずつ0.5まで悪くなりました。コンタクトをすると余計に視力が落ちると心配して、生活ではメガネをたまに使用しているようです。しかし、メガネを使っても不便さを感じられています。よくうどんを食べる時メガネは曇るし、汗もかくことで汚れも付きやすいとおっしゃいました。裸眼で生活にもう一度戻りたいという気持ちで始まられました。

 

 

副作用に関して問題がないかと寛さんに聞かれました。レーシック手術後の低下予防の為使っている方もいるし、レーシック後、目の疲れにより再び低下してきた方でも使っている方は多いです。その安全性は開発された時でも検証されました。

 

超音波を用いるうえでの必要絶対条件は次の通りです。

1、超音波の中でも音響出力がごく微弱であること。

2、発振周波数が、ヒトの生体組織細胞の固有振動周波数に対応した、低数帯域周波発振数であること。

3、振動抵抗がなく組織細胞に深く吸収されること。

超音波治療器で用いている超音波は、これらの必要条件を全て満たしています。この超音波がエネルギーとなって自然治癒力が高まり近視が改善されます。1962年より継続使用ならびに長年の診断観察において何ら異常は認められず、充分な安全性が実証確認されています。

 

一度メガネなしで視野の広さを感じたら、もう一度メガネでの煩わしい生活に戻ることはなかなか対抗感がありますよね。レーシック手術後でも目の疲れをとるケア用品としてお勧めいたします。気になる方はお気軽にお問合せへ。

イラスト

関連記事