家族皆様の感想文をご紹介!!! | ブログ | イベント・お知らせ・ブログ・コラム | 【公式】視力回復ならアイメディカルの超音波治療器「ミオピア」

ブログ

家族皆様の感想文をご紹介!!!

ブログ

 皆様 こんにちは!今回はH24年7月1日にアイメディイカルで始めたご家族の話を皆様にご紹介いたします。始めたきっかけは姉のMさん(当時12歳 小学生6年生)の視力が右目0.3 左目0.2まで下がって、そろそろメガネをかけないと黒板の字が見えにくくなる時期でした。弟のT君(当時8歳)も同じくらいまで下がり、右目0.2左目0.3でした。二人とも良くなるのかと最初に不安を持っいたようですが、今年は姉のⅯさんが大学2年生になり、つい最近車の免許は裸眼で通りました。弟のTさんは高校2年生で 勉強以外に裸眼で生活しているとちゃんと維持ができています。

 

 来店した時にご両親を揃って家族全員一緒に来られました。お父様の話により、最初は本当に良くなるのかという疑問を持っていました。実際に来店して家族全員は使用する前後の視力の変化を試されました。確かに使用後は使用する前と違い、少し見やすくなったと実感されました。また店舗では使用者の視力変化のグラフを見て、スタッフさんの話から「なぜよくなったのか?」とより理解していただき確信を持つようになり、始めました。

 

 お父様は大学で超音波の研究に関する仕事を携わっていたことで、超音波だったら、視力の改善にもつながるのではないかと親近感を持っていたようです。以下は家族3人の体験感想文です。どうぞご覧ください。

姉のMさん(H28.10.2より 当時17才 高校生) 

右目0.3/左目0.2→右目0.8/左目1.0/両目1.2(1ヶ月後)

 始めはこんな治療器を当てるだけで、視力がよくなるのかと半信半疑でした。でも、効果が出ないなら、購入いただくことはできませんとスタッフに言われ1回試すことになり、試してみて見えやすくなり、信用が持てました。それからミオピアを当てる時はこれで よく見えるようになるんだと思い、継続するようによりここまで改善することができました。ありがとうございました。

弟のTさん(H28 .10.2より 当時12才 中学生)  

右目0.2/左目0.3→右目0.6/左目0.5/両目0.9(1ヶ月後)

 学校の視力検査で目が悪くなっていることを気づいてアイメディカルに来ました。はじめは本当に良くなるのか疑っていたけど使用したらだんだん視力がよくなっていったので、ミオピアを始めて本当に良かったです。これからも継続し、両目1.2を目指して頑張ります。

お父様 Sさん(R2. 10.4より 58才 大学教授)

右目0.15/左目0.15→右目0.9/左目1.0/両目1.5(2ヶ月後)

題名:定期的な視力検査の継続も大事

 アイメディイカルには長いことお世話になっています。最初は娘と息子が小学生の時ゲームのやりすぎで視力が急激に低下したことから、治療を始めました。徐々に二人とも視力が改善し、姉も弟も高校生で1.0前後見えるようになり、姉は卒業し、弟は現在も治療を続けています。私も彼らと一緒に治療を始め、現在も続けています。最初は0.15しか見えませんでしたが、今ではずいぶん視力が改善しました。治療もさることながら、定期的にアイメディイカルに通い、視力検査をしてアドバイスを受ける事を続けることが、改善した後に視力を低下させないために重要だと感じています。

 中学生から長い事メガネガが手放せなかったのですが、現在普通はメガネをせずに生活しており、そのうち車の運転もメガネ無しで出来る事を目指して、毎日治療器を当てて努力しています

 

 視力がある程度安定したら、週2~3回の使用頻度で、低下予防にもつながり、維持できます。H25年3月31日頃から姉のMさんがたまにしかつかわなかったようです。今年は大学2年生になり、5月中旬に裸眼で車の免許を取ったとお父様から伺いました。メガネの買い替えより、8年間では1台治療器を家族3人で使用するとしたら、1人は年間で5千円だということで、低コストですよね!目の健康・視力も良くなるし、メガネ・コンタクトの買い替えもいらず 生活の出費も減らすことになります。

 

 お父様の話により、最近はメガネを使用していないようです。もともとは近視ですが、年齢とともに老眼も入り、遠近の矯正が非常に難しいです。ミオピアのおかげで、遠くが見やすくなり、車の運転以外、メガネを外しています。「メガネの矯正はある程度できますが、やっぱり裸眼で、自分の目の力を保つことが一番大事だ。」とおっしゃいました。お子様の視力回復・低下予防だけでなく、大人の視力・老眼等のお悩みにも役立つので、ぜひご家族一緒にお使いください!

イラスト

関連記事