学校の視力検査でC/CからA/BまでUP!!! | ブログ | イベント・お知らせ・ブログ・コラム | 【公式】視力回復ならアイメディカルの超音波治療器「ミオピア」

ブログ

学校の視力検査でC/CからA/BまでUP!!!

ブログ

 皆様 こんにちは!小学校5年~6年になると、周りのお子さんたちが急にメガネをかけるようになり、クラスにはメガネをかけていないが視力検査で目が悪いとB判定以下をもらったお子さん半分以上がいらっしゃるようで、多いクラスでは7割までのぼります。

 現在の小学5~6年生はご両親の時代と比べてみると、昔は中学生・高校生になってから視力が悪くなりかけますが、今ははるかに多くなりましたよね!メガネをかけることにより、視力が0.1以下まで下がるかもしれないと危機感を抱いているご両親には 今回のブログが参考になると思います。低学年では 視力回復・低下予防の大事さを皆様に理解していただければと思います。

 成長と共に眼軸が伸びてしまうが、伸びるスピードにより、将来眼病になるリスクも大きく変わります。今年の1月24日に放送された『超近視時代』というNHKのテレビ番組では眼軸近視の低年齢化により、眼球の底にある網膜(映された画像を視神経へ信号を伝達する大事なところ)上に異常が生じ、緑内障・病的近視のリスクが高まり、視野が欠けることと矯正視力がでなくて失明するリスクが高まると報道されました。緑内障で視野の60%を失った方のように、メガネをかけたら見えると安易に思うことが間違っているのではないかとあらためて思うようになりました。視力だけの問題でなく、目自体の健康も意識すべきです。

視力回復で諦めなくて、良かった!

 一方、アイメディカルでは 3年前から通われているお子さん(心春ちゃん)は去年10月の視力検査で右目・左目ともC(0.3~0.6)判定ですが、今年4月検査で右目A(1.0~2.0)・左目B(0.7~0.9)まで良くなり、心春ちゃんとお父様の話を皆様にご紹介致します。

 成長期で眼球も伸びやすく、視力が落ちやすいこととコロナの影響で家での近距離しか見ない生活を過ごした原因だと考えられ、去年 10月の学校の視力検査で右目、左目ともC判定で 視力がよい時期と比べて 低下していました。 

 心春ちゃんが8才の頃 学校の視力検査で引っ掛かり、眼科で再検査を受け、0.1しかないことにお母様はショックを受けたそうです。普段テレビをよくみるが、そこまで目を酷使しなかったようで、急に悪くなり、お母様が非常に心配されていました。

 そこで 平成24年頃お兄ちゃんのため購入した超音波治療器ミオピアを思い出して、使わせようと思い、アイメディカル新大阪店へこられました。息子さんは使ったり、使わなかったりしたが、心春ちゃんが水泳の育成に推薦されて、毎日訓練を取り組んでいるので、できればメガネをかけさせたくないと思い、根気よく毎週新大阪店へアフターケアに来られました。

 心春ちゃんは最初当てることに慣れませんでしたが、毎週アフターケアに通っているうちに目の構造・良くなる理屈等が理解できるようになり、一生懸命使うようになりました。そして、視力も少しずつ変化があらわれ、頑張る自信に繋がりました。今回良い結果が出たことは本人の努力とご両親のご協力とアフターケアでのサポートだと思っております。

 3年間通っている間に 目標意識を持っていたことが大事だと思い、正しい当て方・当てる回数などの指導・姿勢・目の休憩の改善などによって、今回の結果に繋がったと思います。使用されている方の中には、ミオピアを使用するだけで大丈夫かな?と気になる方は 是非一度ご連絡ください。個人向けの適切なアドバイスによって視力の向上に繋がるお手伝いをさせていただきたいです。

 当てることが心配なお母様・お父様も心春ちゃんとお父様の体験談を参考になると思います。どうぞご覧ください。

心春ちゃん(11才 小学6年生)

視力の経過

体験前   1ヵ月後 今

右目0.15→ 0.6→ 2.0

左目0.2→ 0.8→ 2.0

題名:視力回復!

私は、3年生のころからミオピアを始めました。最初は、10分やっただけで、よくなるのかな~と思っていました。最初、つかってみると、おどろくほど、明るく、しっかり見えていたのです。毎日、朝、夜しっかりすると、次の時のアフターケアでは、少し、視力が上がり、嬉しかったです。ずっとやってこられたのは、音楽やお母さんとお父さんのお話を聞かしてもらっているからです。黒板の文字が見えやすくなりました!しせいなど、いろいろ注意してもらい、よくなりました。目が悪くても、ミオピアをすれば、よくなる!みなさんも使ってみてください!

 

老眼の辛さも和らぎました!

お父様(49才 会社員)

視力の経過

体験前  6か月後

右目1.5→ 2.0

左目0.8→ 1.2

 私はミオピアを2年程使用しています。(視力は悪くなく裸眼です。)

 使用した目的は、視力の低下した娘が、ミオピアを使用し視力を回復してほしいため、私も一緒に行うことにしました。

 一方で、私は仕事上PCを使う時間が長く夜になると 目が疲れること、及び数年前から老眼が進んできて、小さい文字が見えにくくなっており、若干不便を感じていました。

 しかし、ミオピアを継続して 実施したおかげで、老眼は進行せず、以前よりつらさが和らぎました。

 そして、娘は夜だけでなく朝のミオピアの実施を4ケ月ほど続けた結果、昨年までの左右Cから、右目A、左目Bまで回復しました。今後も継続してミオピアを使用し、裸眼で不便のない生活を過ごしていきます。

 お子様の視力回復・低下予防と大人が仕事からの眼精疲労・老眼予防など ご家族の目のお悩みに役立つ医療機器として、これからデジタル社会において目のケア用品として、必要になると思い、目でお困りの皆様へお勧め致します。

イラスト

関連記事