緑内障歴40年近くの方でも愛用! | ブログ | イベント・お知らせ・ブログ・コラム | 【公式】視力回復ならアイメディカルの超音波治療器「ミオピア」

ブログ

緑内障歴40年近くの方でも愛用!

ブログ

 この度、40年近く愛用していただいている佐々木さんがご来店されました! 

 

 佐々木さんが使用を始めたきっかけは、20代頃の視力低下でした。近くの眼科で近視治療のために、毎日超音波治療器を両目同時に当てていました。

 

 その後、緑内障が発見され、より真剣に朝晩片目ずつ10分間、1日計40分間当てるようにしました。その結果、定期検査では眼圧と視力が安定し、40年間進行が抑えられています。 佐々木さんの実験でも、超音波治療器を使用している期間は眼圧と視力が良好なことが分かっています。ただし、個人差があるため、緑内障の方は定期的な眼科検査をお勧めします。

 

 アイメディカルは、佐々木さんが使用された超音波治療器を初代から5代目のミオピアまで進化させてきました。初代の使用者の声を直接聞けることは素晴らしい機会です。超音波治療器ミオピアは、臨床データで眼圧と眼球壁を柔らかくする効果が確認されていますが、使用中の方でも定期的な眼科検査をお勧めします。

 
 

佐々木さんからの執筆

 私は現在両眼とも緑内障治療を受けている者です。フタワソニックとの出会いは近視治療のために眼科に通院している時に、当事の診療所の先生が治療に使われていたのが初めての出会いです。

 

 まだ20代の時でした。ほぼ毎日通院していたので、ずっと使用しておりました。その後その先生の紹介で、当事天満橋店で初代のソニマックを購入いたしました。その後私自身が緑内障であることがわかり、点眼液と平行してフワタソニックの使用をずっと続けておりました。

 

 その後に先生が高齢で診療所を閉院されたので、奈良県の専門医院を紹介され、現在も通院しております。それと同時にフタワソニックの使用も続けており、使用歴は30年以上もうすぐ40年になります。私が緑内障になってからもこの機械を使用しているのは眼科での定期検診である視野検査や眼圧の検査を受けてもほとんど進行しておりません。

 

 もちろん点眼液の効果もありますが、私はフタワソニックをずっと使用しているため、目の血流が良くなり進行しないのだと思います。実験的にフタワソニックを使用せずに検査を受けた時より、使用後に検査を受けると、眼圧と視力が確実に安定しております。緑内障ははっきり言って、現在の医学では進行を止めることしかできません。しかし私は自分自身の大切な眼を守るために、今後も使用を続けてゆきます。

 

イラスト

関連記事